毎日1万円の収入!リスクなし!毎日片手間で現金収入を獲よう!
「究極の自動集金マシーン」無料配布中!!!


ブログ記事版

PDFファイル版


どちらかを読んでくださいね!!!!

特典多数!

商材のレビューは、次のようなポイントで行っています。

*(全体評価) 商材全体を5段階で評価。
*(一致性) セールスレターと商材内容の一致度の評価
*(効果性) 商材内容に効果性が認められるかどうか?
*(効果持続性) 時間の経過・商材の広がりによる効果の持続性は?
*(お勧め対象者) 商材のおすすめ対象者は?
*(セールスレター) セールスレターについての5段階評価
*(アフィリ成功可能性) アフィリエイトの成功可能性は?
*(購入限度価格) : 購入してもよい上限価格は?
*(ユニークさ・オリジナリティ) : 手法の独自性は?
*(コメント)

このレビューから商材を購入された方には特典を差し上げています。
詳しくはこちらから。

中国の「一人っ子政策」違反続出

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070508-00000512-yom-int

「一人っ子政策」などの厳しい人口抑制策が適用される中国で、企業経営者などの富裕層や政府・共産党の幹部らが、第2子以降を出産するケースが増えている。

格差拡大に不満を募らせる庶民を刺激する話だけに、当局は、新たな取り締まり策を出すなど対応に躍起だ。

一人っ子政策が厳格に適用される都市住民は一般的に、第2子を産むと、地元住民の平均年収の3〜10倍の罰金支払いが義務づけられている。だが貧富の格差拡大に伴い、私営企業家や芸能人などの富裕層は罰金支払いが容易になり、違反増加を招いている。



一人っ子政策ってまだやってたんですね‥中国でも日本と同じように高齢化が進んできているといいます。人口は減っていいのかもしれませんが、若者にかかる社会労務的な負担というのは相当なものになると思います。老後不安というのが現実化してきているのです。

そろそろ政策を改善しても良いのではないでしょうか。

都市化の中ではそれほど子沢山の必要はありませんから、それほどたくさんの子どもは儲けられないでしょう。農村部でも裕福になり、機械化を進めるなり、フランスのぶどう収穫のように期間労働者を雇えればそれほど子どもをつくる必要はないと思います。放っておいても人口は抑制されます。


まずは格差、貧困の政策に力をいれ、できるだけ早く一人っ子政策を改善していかなくては、今度は「老後不安」が訪れます‥政策は常に新しく‥!




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
PR
mill.gif 小銭稼ぎをしませんか?ミリオンゲッター最新版。無料プレゼント。宣伝用に掲示板無料書き込みソフトやパラメータ集などもプレゼントしてます。ご興味のある方は是非覗いてみてください。
↓↓↓
http://milliom2007.tuzikaze.com/

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。